CSR(証明書署名要求)を作成する

サーバ証明書の発行を各認証局に申請する際に必要な、CSR(証明書署名要求)を作成します。

step1 Web画面を表示し、「独自SSL管理」→「CSR作成」の順にクリックします。

※Web画面の表示方法→「管理者機能ページの画面説明」

CSR作成画面が表示されます。

step2 必要事項を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

公開鍵長 公開鍵の鍵長
(2048bitRSA)が表示されます。
コモンネーム
(Common Name)
コモンネームを選択します。
組織名
(Organizational Name)
組織の正式名称を入力します。
部門名
(Organizational Unit)
部門名を入力します。
国名
(Country)
日本のISO国別記号「JP」が表示されます。
都道府県名
(State or Provience)
都道府県名を入力します。
市区町村名
(Locality)
市区町村名を入力します。

※入力制限について→「CSR作成」

ポイント組織名などは、日本語表記も可能

証明書が対応している場合、組織名、部門名、都道府県名、市区町村名は、日本語での表記も可能です。日本語表記が可能な項目や登録方法などは、証明書によって異なりますので、ご利用予定の認証局にお問い合わせください。

ヒント事前にSSLサーバ証明書の動作を確認するには

各認証局が発行するテスト証明書を利用して、事前にお客様にて動作を確認できます。テスト証明書の発行有無は、ご利用予定の認証局にお問い合わせください。

step3 生成されたCSRが表示されます。

注意最新のCSR(証明書署名要求)で、サーバ証明書の発行申請を行ってください

サーバ証明書の発行を各認証局に申請する際には、必ず最新のCSR(証明書署名要求)を使用してください。
最新ではないCSR(証明書署名要求)によって発行されたサーバ証明書では、独自SSLを設定いただけない場合があります。