簡易メニュー/通常メニューの特徴

Webサイト作成(CMS)を始める際には、簡易メニューと通常メニューのどちらかを選択する必要があります。それぞれの特徴をご確認のうえ、お客様のニーズに合ったメニューをお選びください。

  簡易メニュー 通常メニュー
概要 ウイザード形式で、文字と画像を入力するだけで、Webサイトの作成・更新を行えます。 Webサイト作成(CMS)の全機能とテンプレートを使用し、実際のホームページを直接編集している感覚で作成・更新を行えます。
Webサイトの構成 ページ数は、最大9ページまでです。最初は、4ページ程度をお勧めします。
階層表示はできません。
詳しくは、「Webサイトの構成(簡易メニュー)」をご覧ください。
ページ数の制限は、ありません。
メニューを階層表示できます(2階層まで)。
ファイル名 固定です。 任意に指定できます。
ページのレイアウト 固定です。 自由に編集可能です。
Webサイト公開のタイミング Webサイトの作成・更新を完了した直後に、公開されます。
詳しくは、「作成したWebサイトの公開までの流れ」をご覧ください。
Webサイトの作成・更新作業とは別に、管理者が公開作業を行います。
詳しくは、「作成したWebサイトの公開までの流れ」「Webサイト作成のしくみ(通常メニュー)」をご覧ください。
編集者権限 編集権限の設定はありません。 ページごとに、利用者(各部署の担当者)に編集権限を割り当て、更新作業を任せることができます。
バックアップ バックアップ機能はありません。 ページごとに、データをバックアップできます。
メニューの移行 簡易メニューから通常メニューへ、データを移行できます。ただし、いったん移行したら、簡易メニューにデータを戻すことはできません。 通常メニューから簡易メニューへは、データを移行できません。簡易メニューでWebサイトを作成したい場合は、通常メニューの全データを削除し、簡易メニューでデータを最初から設定する必要があります。
メニュー選択の目安 まずは、会社案内と簡単な商品紹介を作成したいお客様向けのメニューです。 レイアウトを自由に設計したい、ぺージ数を多く用意したいお客様向けのメニューです。

作成したWebサイトの公開までの流れ

メニューによって、公開までの流れが異なります。

Webサイトの構成(簡易メニュー)

簡易メニューの構成は、次のとおりです。必要なページを選択し、Webサイトを作成することができます。

Webサイト作成のしくみ(通常メニュー)