共用SSL

共用SSLのご利用方法をご案内します。

共用SSLとは
お客様のホームページに共用SSLのURLからアクセスすることで、SSL通信によるアクセスを行うことができます。
※公開するホームページのURLを共用SSLのURLに変更していただくだけで、通常のWebサイトと同じコンテンツを公開することができます。そのため、コンテンツデータを共用SSLの環境に移動する必要はありません。
下記機能は、共用SSLではご利用いただけません。

・ サイト内検索(Namazu)

下記Webツールについては、共用SSLでのご利用に関する動作保証を行っておりません。あらかじめご了承ください

・ Movable Type/phpMyAdmin/WordPress

共用SSLの仕組みについて

通常の通信(HTTP)も共用SSLでの通信(HTTPS)も、同じWebディスク領域にあるデータにアクセスします。

共用SSLのURLでホームページを閲覧する

上図に示す「https://お客様ごとの共用SSLのURL/」は、Webサーバのサーバ種別により異なります。

サーバ種別がサーババージョン1の場合
https://ssl.alpha-prm.jp/ご契約ドメイン名/
※ ご契約ドメイン名は、ドメインサービスのご契約ドメイン名のピリオド(.)をアンダーバー(_)に置き換えたものです。
サーバ種別がサーババージョン2の場合
https://サブドメイン.dw365-ssl.jp/
※ サブドメインは、ドメインサービスのご契約ドメイン名のピリオド(.)をハイフン(-)に置き換えたものです。
(例)example.comの場合 → example-com
※ ご契約ドメイン名によっては、サブドメインの末尾に「-1」などの数字が加わることがあります。

※サーバ種別とURLの確認については、「Webサーバ情報」をご覧ください。

ご利用にあたってのご注意
■ ファイルのアップロード
公開するホームページデータのファイルは、現在ご利用のFTP転送サーバにアップロードしてください。
※アップロードの方法→「FTPソフトの設定」
■ CGIの利用について
共用SSLを利用したSSL通信でもご利用いただけます。
■ 容量について
お客様ご契約のディスク用容量に含まれます。
■ 証明書のシールについて
共通ドメイン名を利用するため、お客様のWebサイトに、認証局が発行する証明書のシールなどを貼り付けることはできません。