FTPソフトの設定

ご利用のFTPソフトを設定します。

FTP接続について
Webサービスでは、以下2種類のアカウントからFTP接続ができます。
・管理者のFTPログイン名
・FTPユーザ(※管理者機能で「FTPユーザ」として登録されたユーザ)
FTPソフトを設定する
ここでは、「WinSCP」の利用方法をご紹介します。
下記会員サイトでもFTPソフトの設定手引きを公開しています。ご覧ください。
http://dw.alpha-prm.jp/
1
WinSCPを起動します。
2
「新しいサイト」をクリックし、必要事項を 入力して「保存」ボタンをクリックします。
転送プロトコル
「FTP」を選択します。
暗号化
「暗号化なし」を選択します。
ホスト名
「FTP転送サーバ」を入力します。
ポート番号
「21」を選択します。
ユーザ名
「FTPユーザ」を入力します。
パスワード
パスワードを保存する場合、「FTPパスワード」を入力します。
パスワードを保存しない場合、何も入力しません。
3
必要事項を入力し、「OK」ボタンをクリック します。
セッションの保存名
設定用の名前(任意)を入力します。
パスワードを保存
パスワードを保存しない場合、チェックしません。

※ 手順2で「パスワード」に何も入力しなかった場合、この項目はグレーアウトします。

4
手順3で保存したセッション名をクリック し、「ログイン」ボタンをクリックします。
5
パスワードの入力画面が表示された場合は、 「FTPパスワード」を入力して「OK」ボタン をクリックします。
6
サーバに接続されます。
左側:ローカル(お客様ご利用のパソコン)
右側:サーバ
※ お客様によって画面が異なります。
データを転送(アップロード)する
1
画面左側(ローカル)で転送するデータを選 択し、画面右側(サーバ)にドラッグ&ド ロップします。
2
アップロード画面が表示された場合は、 「OK」ボタンをクリックします。
3
選択したファイルが画面右側(サーバ)に転 送されます。
データを削除する
1
画面右側(サーバ)で削除するデータを選択 して右クリックし、「削除」をクリックしま す。
2
確認画面が表示された場合は、「OK」ボタン をクリックします。
3
選択したファイルが画面右側(サーバ)から 削除されます。
FTP経路暗号化について
FTP経路暗号化(FTPoverSSL)とは
SSLサーバ証明書を利用してデータの暗号化通信を行う技術のことです。
ご利用にあたってのご注意

・ FTP経路暗号化を利用するにあたって
FTP経路暗号化(FTPoverSSL)を利用する場合、管理者機能「独自SSL管理」で設定を行う必要があります。

※ 独自SSLの設定について→「独自SSL管理」

・ FTPソフトについて
ご利用になる場合は、FTPoverSSLに対応したFTPソフトをご用意頂く必要があります。
FTPoverSSLのモードは、Explicit方式を選択して設定してください。詳しい設定方法については、ご利用のFTPソフトの手引きなどでご確認ください。