エラーページ設定

ホームページの各種エラーページを作成されたエラーページに変更します。

注意事項

・ 本機能を設定すると、共用SSLまたは独自SSLを利用してWeb閲覧した際のエラーページにも反映されます。

・ お客様のホームページを閲覧される方のブラウザの種類や設定によっては、本機能で設定したエラーページが表示されない場合があります。

・ お客様が設定したHTMLファイルは、FTPソフトでアクセスできない領域に格納されます。そのため、いったん設定したHTMLファイルはダウンロードすることができません。あらかじめバックアップを取ることをお勧めします。

・ エラーページ内に画像ファイルやリンクを指定する場合は、参照先を「https://」(または「http://」)から始まる絶対パスで指定してください。相対パスやスラッシュ(/)で始まるパスで、画像ファイルやリンクを指定すると、正常に表示されません。

設定できるエラーページ
お客様が設定できるエラーページは、次の通りです。
401 Authorization Required
パスワード認証失敗
403 Forbidden
アクセス禁止
404 Not Found
ページが見つからない
500 Internal Server Error
サーバ内部エラー
エラーページ設定画面を表示する
エラーページを設定するための画面は、以下の方法で表示します。
1
Web画面を表示し、「作成ツール」→「エラー ページ設定」の順にクリックします。
※ Web画面の表示方法→「管理者機能ページの画面説明」
2
エラーページ設定画面が表示されます。
エラーページを設定する
お客様が作成したHTMLファイルをエラーページに設定することができます。
ここでは、「404 Not Found」のエラーページを設定する方法についてご案内しています。他のエラーページについても、同様の操作方法で設定できます。
バックアップをお勧めします
いったん設定したエラーページは、本機能で内容の変更ができません。また、標準のページに戻した場合、設定し たHTMLファイルはサーバから削除されます。設定前に、HTMLファイルのバックアップを取ることをお勧めします。
1
エラーページ設定画面を表示し、設定するエ ラーページの「指定したファイルを利用す る」を選択します。
※ エラーページ設定画面の表示方法→「エラーページ設定画 面を表示する」
2
「参照」ボタンをクリックします。
ファイルの選択画面が表示されます。
3
設定するHTMLファイルを選択し、「開く」 ボタンをクリックします。
※ 入力制限について→「エラーページ設定」
「指定したファイルを利用する」に、選択したHTML ファイル名が表示されます。
4
「設定」ボタンをクリックします。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
5
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
「.htaccess」とは
エラーページを設定すると、Webサーバ直下に「.htaccess」というファイルが自動生成されます。このファイルを 削除すると、エラーページの設定は解除されますのでご注意ください。
■ 設定したエラーページを標準のページに戻すには
設定したエラーページを標準のページに戻すには、以下の方法で設定します。
標準のページに戻すと、お客様が設定したエラーページのHTMLファイルはサーバから削除されます。
1
エラーページ設定画面を表示し、標準に戻す エラーページの「標準のページを利用する」 を選択します。
※ エラーページ設定画面の表示方法→「エラーページ設定画 面を表示する」
2
「設定」ボタンをクリックします。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
現在のエラーページを確認する
1
エラーページ設定画面で、確認するエラー ページの「表示する」ボタンをクリックしま す。
※ エラーページ設定画面の表示方法→「エラーページ設定画 面を表示する」
2
現在のエラーページが表示されます。
エラーページで使用している画像ファイルが非SSL 通信の領域に設置され、絶対パスで指定している場 合、セキュリティの警告ウィンドウが表示されます。 表示させたくない場合は、画像ファイルをSSL通信 可能な領域に設置し、絶対パスで指定してください。